貧困女子の声

40代独身派遣社員。年収600万円正社員からの転落。

更新日:

私。自分が貧困女子なんて言われるようになるなんて想像もしていませんでした。これでも、そこそこの大学出てるんですよ。大学名は勘弁してください。身バレが怖い…ってのもありますけど「そんな大学出でそれかよ」って思われるのも嫌って言うか。まぁ、本気で嫌ならこう言うところに出てくるな…って話ですけどね。

お小遣いがもらえる…って事で応募しました。話を聞いて欲しかった…ってのもあります。なんかね…寂しいんですよ。私、今年で45歳なんです。40代の女性って充実してるじゃないですか。結婚した子達は子どもの事で忙しいですし、独身で仕事をしている子はバリバリ仕事してたりしますし。私はどっちも手に入りませんでした。なんかね~虚しいなぁ…って。

40代独身。転落しました。

私は一般的なサラリーマン過程に育ちました。住んでいたのは地方都市ですが、田舎過ぎもせず都会でもなく…って感じでしたよ。普通に公立小学から高校に進みました。そこそこ勉強が出来たので高校は地域のトップ校って呼ばれる学校でした。大学も国立です。友達の親や親戚からは「親孝行だね~」なんて言われて良い気になってましたよ。実際、田舎ではエリートコースだったんです。まぁ、田舎では…って話で、そんなの東京では通用しないんですけどね。

就職で東京に出てきました

就職を機に東京に出てきました。今さらですが地元に残っておけば良かったな……って後悔しています。地元でそこそこの有料企業に入っておけば、独身だろうが結婚しようが安定した生活が出来ていたんじゃないかと思います。

でも当時は田舎のまったり感が嫌だったんですよね。東京への憧れもありました。就職活動して、超大手…とはいきませせんでしたが、そこそこの広告会社に就職しました。広告会社ってあたりが軽薄っぽいでしょ? 実際、私はそう言うタイプの人間なんですよね。表面的な華やかさに憧れずにはいられない…って言うか。

仕事は楽しかったです

仕事は楽しかったですよ。残業続きの毎日でしたが若かったせいか辛くはなかったですね。残業帰りに同僚と飲んだりして「社会人っぽいよね~」とかね。まぁ…だけど今にして思えば完全にブラックでした。結局のところ、私は何も分かっちゃいなかったんです。仕事をたくさん振られるのは自分が期待されているからだ…って思ってました。ただ使い勝手が良い人間だっただけなんですけどね。

同期の女性達は次々辞めていきました。結婚した子もいますし「仕事がキツくてやってらんない」って辞めた子もいました。私は仕事が好きでしたし、そこまで辛いって思ってなかったんで辞めようって気にはなりませんでした。

結婚ですか? 結婚は考えなくもなかったんですが…不倫してたんですよ。よくある話です。上司から誘われて…ってヤツです。「妻との関係は冷え切っているから…」とか、そんな使い古された言葉にアッサリやられたんです。いい男でしたよ…別れちゃいましたけど。

まさか私が……

仕事がキツかったり、不倫したりと色々アレな感じでしたが、自分では特に問題を感じていませんでした。それどころか「充実してる」って思ってたんです。でも実際はそうじゃなかった。私…鬱になっちゃったんです。ある日突然、職場に行きたくなくなっちやって。鬱については話し出すキリがないので適当に端折っちゃってください。もうね…そこから先は地獄でしたね。

結局、仕事は辞めました。辞めました…って言うか辞めるしかなかったって言うか。不倫してた上司とはそのタイミングで別れました。一般的には「金の切れ目が縁の切れ目」って言いますけど、私の場合は仕事できなくなった時点で捨てられた形でした。都合のいい女もここまでくると笑えるでしょ?

今は工場派遣で働いています

退職したあとはしばらく貯金を切り崩して暮らしていました。入退院を繰り返して、どうにか外に出られるようになった時は貯金は見事にすっからかんですよ。働かなきゃ…ってことで仕事を探しましたが、鬱病で退職した40代の独身女に仕事なんてないんですよね。同じ業界ならどうにかなったかも知れませんが、流石に戻るのは嫌でしたし……。

結局、今は食品工場の派遣で働いています。仕事は単純作業なんで特にストレスはありません。なんだかんだ引かれて手取りは14万円ってところですかね。ギリギリの生活ですよ。今はどうにかやっていけているのでいいんですが、将来のことを考えると不安しかありません。両親はすでに鬼籍に入っていますし、実家は兄が継いだので帰るところもありません。

とりあえず、働くことに自信が出来たらもう少し稼げる仕事に変わりたいんですが…難しいですよね。最悪、生活保護かな…なんて考えもありますが、とりあえず出来るだけ頑張ってみようと思っています。

-貧困女子の声
-, , , , , ,

Copyright© 貧困女子速報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.