貧困女子の実態

貧困女子の部屋は汚いって本当? 貧困と汚部屋の密接な関係

更新日:

一般的に、低収入な人ほど部屋が汚いと言われていますが、それって本当でしょうか? 『SPA!』と言う雑誌に「低収入の人の共通点」と言う記事が掲載されていたのですが、それを読むと「ちょっと分からなくもないかな…」と言う気持ちになっていまいました。

今回は低収入な人の共通点についてお届けします。

低収入な人の共通点


物を捨てられない


何でもかんでも貯めこんでしまう人っていますよね。例えばサイズアウトした洋服なども「痩せたら着られるかも」と置いてあったり、流行遅れになってしまったアクセサリーも「1周まわって、また流行が戻ってくるかも」と捨てられなかったり。

化粧品等の試供品なども「旅行に行った時にでも使おうかな」と置いてあるものの、使うタイミングが訪れることがなかったり。

「物を貯めこんでしまう」時って、精神状態が不安定だ…と言われています。借金やローンがあったり、収入が低くて生活が苦しいとどうしても精神的に不安定になってしまいがちです。

家の状態を整える事は日常生活の基礎を作ることに通じるそうです。掃除をすると運気がアップする…と言う説もありますし、貧困から脱出するには断捨離が必要なのかも知れません。

トイレ・風呂・台所と言った水回りが汚い


業績の良い会社の社長さんで「トイレ掃除は自分でする」と言う方は少なくありません。昔から不思議と「水回りの汚い家にはお金が貯まらない」と言われています。

以前、行方不明者を専門で探している探偵が書いたエッセイを読んだ事があるのですが「夜逃げをする人の家のほとんどで、台所のシンクに洗っていない食器が積み上げられていた」と言うような事が書かれていました。

特に台所が汚い人の場合「料理をしない人」が多いようですが、料理は節約の基本です。台所のシンクが汚いと料理をする気にもなれませんよね。「水回りを綺麗に保つ」と言うのは、案外大切な事かも知れません。

漫画・ゲーム・洋服・アクセサリーと言った収集癖がある


ほんと、コレ。駄目です。お金に余裕のある人なら良いのですが、余裕が無いのになお買ってしまう…となると問題です。

お金の使い方は「消費」か「投資」の2つに分類する事が出来るのですが、趣味の物の収集癖は消費ではないかと思われます。

ゴミを溜め込んでしまう(ゴミを出し忘れる)


ゴミにルーズな人はお金にもルーズだと言われています。風水的にも「溜め込む」のは良くないようです。お金が入ってくるループを作りたいと思うなら、まずゴミを捨てるところから始めてみてはいかがでしょうか?

悪い習慣が借金を作る


低収入だから借金をしてしまう。借金があるから精神状態が不安定になる。精神状態が不安定だから部屋かが汚くなる。このループの出発点が「低収入」である事に間違いはないのですが、1つの輪の中でグルグルと回っていても脱出する事は出来ません。

悪い週間を断ち切るためには、自分から変わっていく必要があるのではないでしょうか。

まとめ


ここまで読んで「ドヤ顔でそんな事言われなくても分かってるって!」と思われた方も多いかと思います。貧困と汚部屋は繋がっていると言われますが、高収入で汚部屋の人がいる事を思うと「そんなの個人差じゃないの?」という気がしなくもありません。

しかし、貧困から脱出するために手当たり次第試してみるのもアリかな…と思います。のまずは、ゴミ袋を用意して物を捨てるところからはじめてみてはいかがでしょうか?

-貧困女子の実態
-, , , , ,

Copyright© 貧困女子速報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.