貧困女子の実態

貧困女子からの脱出。20代、30代で看護師を目指す。

更新日:

一生懸命働いているのに生活が苦しいと感じる貧困女子は増加の傾向にあります。「どうして自分だけ…」と思ってしまいがちですが、独身女性の3人に1人が貧困状態にあると言う自体ですから、女性の貧困は単なる「自己責任」とは言えないようてに思います。

貧困から脱出するしようと思う時、手っ取り早いのはどうにかして収入をアップする事てせす。しかし簡単に「収入を上げればいいじゃない?」と言われても、そうそう上手くはいかないのが現実ですよね。副業をはじめるか、全く違う職種に転職する以外方法はありません。今回は貧困女子が収入を上げるために「看護師に転職する」と言う方法についてお届けします。

今から看護師って、なれるの?


看護師と言うと高校を卒業して看護学校に入学して看護師国家試験を受ける…と言うイメージがありますよね。ですが最近は「女性でも稼げる仕事」として、社会人から看護師に転職したり、一旦専業主婦になった人が看護学校に入って看護師を目指す……と言うケースが増えているようです。

筆者の友人(32歳)の場合


一度就職して、社会人経験のある人の多くは「高校を出たばかりの若い子達に混じって看護学校でやっていけるのか?」と言う不安が先に立つかと思います。

筆者の友人には32歳で看護学校に入学しているのですが「高卒で来てる子がほとんどだけど、20代、30代の人もけっこういたよ」との事です。意外に思われるかも知れませんが4年生大学を出て正社員で働いていたそうですよ。

高卒以外のルートから看護学校に入る人達の背景は様々で専業主婦だった人もいれば、シングルマザーになったから看護学校に入った…と言う人も。ちなみに筆者の友人はブラック企業で働いていて身体を壊して退職。その後、奮起して看護学校に入っています。

看護師って、本当にに稼げるのかどうか?


数年間勉強して看護学校に入ったとしても、本当に稼げるのでしょうか? 全ての人が確実に稼げると断言する事は出来ませんが、筆者の友人の話だと「事務職で伝票触ったり、販売員してるより稼げるよ」との事。

実際に看護師の平均年収は約472万円(平均年齢38.3歳 勤続年数7.5年)と言うデータがあります。また経験の浅い新社会人でも年収は380万円程度あると言われていますから「そこそこ稼げる仕事」である事に間違いありません。

看護師の場合、病棟勤務や夜勤のあるなしで年収は変わってきます。また、域格差もあるとは思うのですが、女性の仕事としては稼げる部類かな…と思います。

看護学校の費用はどうしたら?


収入アップのために看護師になろう…と思い立ってみたところで、当たり前ですが看護学校に入るためにはお金が必要です。多くの方はこの時点で「お金が無いから無理…」と、いきなり諦めてしまうかと思います。

実は、奨学金を利用して看護学校に入る人は少なくないんです。また、奨学金ではなく公的資金を借りる…と言う方法もあります。公的資金の借り方については『公的支援を利用する』でいくつか方法をご紹介しているので参考になさってください。

一般的には私立の看護学校よりも公立の看護学校の方が授業料は格安ですから、公立の看護学校を狙う…と言うテもあります。

また、私立の病院が運営する看護学校の場合「看護学校を卒業した後で必ず付属病院で勤務する」事を条件に授業料免除の制度を設けている事があります。

まとめ


32歳で看護学校に入学した友人は現在35歳い。一般的なOLよりも収入があるようです。看護学校に入学するためには初期投資が必要ですが、長先々の事を考えるとアリかな…と思います。気になる方は1度本気で検討してみてはいかがでしょうか?

-貧困女子の実態
-, , , ,

Copyright© 貧困女子速報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.