貧困女子の実態

これって私の事? 貧乏から脱出できない人のパターンについて。

更新日:

日本は世界的にみて豊かな国だと言われていますが、その一報で女性の貧困が深刻化しています。NHKで放送された番組では「働く世代の単身女性のうち3分の1が年収114万円未満」と言う事が伝えられいいました。

既婚女性のパート勤務で年収114万円と言うなら「まぁ、こんなものかな」と思えるのですが「働く単身女性」がこれだけの年収で暮らすとなると相当の覚悟が必要です。どうにかして貧乏な生活から脱出したいところですが脱出するのは至難の業。

ところで「貧乏から脱出出来ない人」には一定の行動パターンがある言説があるってご存知でしたか? 今回は「貧乏から脱出出来ない人のパターン」についてお届けしたいと思います。

貧乏から脱出できない人って?


貧乏な人には特定のパターンがある…と言う話は、最近ビジネスマンの間で話題になっている『世界の超一流から教えてもらった「億万長者」思考』と言う本の中に登場します。



ビジネス書に書かれていることなんて「意識高い系の話なんて参考にならない」と思ってしまいがちですが、これが意外と痛いところを突いてくるのです。

貧乏から脱出できない人の特徴

1.無理をして食費を切り詰める
2.中古品や型落ち品が好き
3.他人の能力や手柄を認めない
4.現状を維持したがる(収入が下がった時も相応の生活レベルには下げたがらない)
5.住居が格安物件なのに車は高級車
6.高級車を所有したことがないのに、所有したことがあるかのように車の良さを話す
7.冠婚葬祭や季節イベントに多額の出費をする
8.自分が物質的に得を感じることにしかお金を出さない
9.お金を粗末に扱う(支払う時に店員に投げるように渡すなど)
10.高額(高級)商品を正規ルートで買った経験がない
11.利用経験もないのに高級店や高級品の知識だけ豊富
12.コンビニや100円均一での買い物が多い
13.収入の使い道が雑に決められている(貯蓄に回す余裕を作れない、借金を作りやすいなど)
14.環境の変化を嫌って地元から出たことがない
15.貧乏自慢をする
16.他人にジェラシーを感じやすい、他人を蹴落とそうとする
17.何事によらず、がめつい
18.借りたものをきちんと返却しない

『世界の超一流から教えてもらった「億万長者」思考』
(稲村徹也著/日本実業出版社刊) より参照

いかがでしょうか? 全く当てはまらない…と言う人は、むしろ少ないのではないかと思います。筆者自身も当てはまるところが多過ぎて頭を抱えてしまいました。

どうして、それが貧乏に繋がるの?


上記に書いた「特徴」ですが、一見すると貧乏どころか節約術のようにも思われます。しかし、お金が貯まる人からすると、貧乏に突っ込んでいく行動でしか無いのだとか。

例えば「1.無理をして食費を切り詰める 」となると、わずかな節約のために健康を損なう可能性があり、健康を損なうとますます貧乏になる……と言う事なのだそうです。

「2.中古品や型落ち品が好き 」などは一見すると「賢く買い物しているだけじゃないの?」と思ってしまいがちですが、中古や型落ち品といった「1円でも安いもの」を探す手間と時間があれば、もっと別の行動が出来るのではないか…との考え方なのです。

まとめ


一般的にお金持ちほどお金との付き合い方が上手いと言われています。正直なところ、一度貧困に陥ってしまうと、お金持ちが提唱するようなやり方ではやっていけない部分もあるのですが「お金との付き合い方」と言う意味では参考にしてみても良いなぁ…と思います。

-貧困女子の実態
-, , , ,

Copyright© 貧困女子速報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.