貧困女子の実態

友達の結婚式。お金が無いから断りたい。スマートな断り方って?

更新日:

最近、結婚すると言っても「入籍だけで式や披露宴はしない」と言うカップルが増えていますが、それでも結婚式に招待される事があるかと思います。正直、そこまで仲が良くない人から招待されると困惑しませんか? 結婚式に出席するとなると、ご祝儀(結婚式に招かれた友人の相場は3万円)が必要ですし、フォーマルな服装で出席するとなると、それはそれで費用がかかります。

もしかすると貧困女子の仲には「いやいや。相手が仲の良い友達であっても、お祝いが出せないので行きたくないんですが…」と言う方もおられるのではないかと思います。今回は「結婚式に招待された時の断り方」につていお届けします。

ぶっちゃけお金が無いんです

まずは一般論から……

さて。結婚式の断り方ですが「お金が無いから行けません」と言うのはマナー違反とされています。また「忙しいから」と多忙を理由にするのもNG。どんなに親しい間柄であっても、相手の気分を害さないように断るのがスマートだとされています。

本当に親しい友達の場合

……とは言うものの。本当に親しい友達の場合「ごめんね。お祝いしたいんだけど、ご招待してもらっても、それに見合うお祝いが出来ないから」と正直に言うのはアリだと思います。下手に工作してバレた場合、以降の友人関係が壊れてしまう可能性があるからです。

本当に親しい友達なら、あなたの状態も知っている…って事ですよね? それなら「結婚式は行けないけれど個人的にお祝いさせてね」と言う方が、気持ちが伝わるのではないかと思います。

一般論な断り方だと……

一般論な断り方をするのであれば「法事」か「身内(親戚)の結婚式」と重なったから…とするのがスマートだとされています。その場合、出欠の返信葉書には「残念ながら」と言う言葉を添えて「行きたくても行けない」と言う事をアピールしてください。

ご祝儀を送る

結婚式に出席しない場合でもお祝いは必要です。一般的に相場だと1万円前後の金品を送ることになっています。また「どうしても1万円はキツイ」と言う場合「ちょっとしたプレゼント」または「祝電」を送ると言う方法もあります。祝電の場合、NTTよりも安く送る事の出来る業者が増えてきていますから5000円も出せば、プレゼント付きの可愛らしい祝電を送る事も可能です。



まとめ

貧困女子にとって冠婚葬祭は死活問題ですよね。どうしてもお祝いが出せない場合は「欠席」と言う選択もアリだと思います。

-貧困女子の実態
-, , , ,

Copyright© 貧困女子速報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.