貧困女子の節約術

鬱で通院中の貧困女子必読。自立支援医療制度で医療費を減らす。

更新日:

若い女性が貧困に陷ってしまう原因は様々です。中には鬱で働く事が出来なくなった事かがキッカケで貧困状態になってしまった方もおられるのでないかと思います。また「鬱で働けない」てまではいかなくても、鬱病の治療が経済的に厳しい方もおられるのではないでしようか?

鬱病治療を支援する制度

みなさんは自立支援医療制度(精神通院医療)をご存知ですか? 精神疾患にかかる治療費を軽くする制度です。病院と薬局で支払う金額が1割ですむので随分助かるのではいかと思います。

この制度は障害者手帳、障害者年金の受給などを申請していない人でも利用する事が出来ますし、手続きも意外と簡単なんです。

自立支援医療制度の対象疾患

統合失調症
気分障害(鬱病、双極性障害など)
不安障害(パニック障害、強迫性障害、PTSDなど)
薬物、アルコール依存症
パーソナリティ障害
てんかん

他にもいくつかの疾患で認定されるようです。

病院窓口での自己負担額が減ります

自立支援医療制度を申請すると、病院窓口での自己負担が減ります。通常は3割負担なのが1割負担になるのです。

また1ヶ月に支払う医療費の上限が設定されています。医療費の上限は世帯収入によって違うのですが、生活保護を受給されている方は0円。市民税額が33000円未満の方は5000円。33000円から235000円未満の方だと1万円。生活が苦しい貧困女子の場合は5000円程度になるかと思います。

自立支援医療制度の手続きについて

自立支援医療制度を申請するための流れをご説明します。

1 主治医に相談する

かかりつけ医に相談してください。大きな病院の場合はソーシャルワーカーが相談を受け付けてくれる場合もあります。精神疾患を扱っている病院の場合、申請書を用意してくれているケースも
あるようです。

2 診断書を書いてもらう

所持位に診断書を書いてもらいましよう。2000円~5000円程度だと思いますが、金額は病院によって違います。

3 必要書類を揃える

・医師の診断書
・申請書「自立支援医療(精神通院)支給認定申請書」
 (役所で貰ってください)
・健康保険証のコピー
・所得や収入が確認できる資料

4 市町村の担当窓口で申請する

5 受給者証が届く

申請が通ると、自立支援医療制度の受給者証が郵送されてきます。役所によって違いますが、申請してから1ヶ月程度ど届くかと思います。

使い方

届いた自立支援医療受給者証を病院で診察券や保険証を提出する時に一緒に出すだけです。申請の時に指定した病院や薬局でしか使えません、また1割負担になるのと申請のした病院だけですから、同じ病院で治療を受けても別の病名の場合は通常通りの負担となります。

有効期限があります

自立支援医療制度受給者証の有効期限は1年です。1年ごとに更新が必要ですが、2回に1度は医師の診断書が無くても更新出来ます。

まとめ

申請するのが少し面倒なように思えますが、治療費が安くなるのは助かりますよね。「お金がかかるから病院に行けない……」と治療を控えるくらいなら、申請する事をオススメします。

ありがたい制度なのですが、まだまだ世間的には認知されていないようです。この制度がもっと気軽に利用出来るような体制が整っていって欲しい……そう願わずにはいられません。

-貧困女子の節約術
-, , , , , ,

Copyright© 貧困女子速報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.