貧困女子の実態

貧困女子注目!電気・ガス・水道。止められた時のための準備。

更新日:

貧困女子のみなさん、こんにちは。突然ですが公共料金って滞りなく支払っておられますか? もしかすると「実は支払いが滞って止められた事あります」って方もおられるのではないでしょうか?

公共料金は1ヶ月程度支払いが滞ったからといって、突然止められる事はありませんが、度が過ぎると容赦なく止められてしまいます。もちろん、それまでに支払うのが人として当然の事ではあるのですが、もし止められてしまった時はどうしたら良いのでしょうか? 今回はライフラインが止まった時のとめの準備についてお届けします。

電気・ガス・水道が止まった時のために


公共料金にも色々ありますが、差し当たって生活に必要なのは電話・電気・ガス・水道ではないでしょうか? 公共料金は「生きるために必要なもの」ほど、滞納しても猶予されると言われています。実際1番に止められるのは電話。その次に電気。次いでガス、水道の順になっています。

電話(携帯)が止められた時


電話や携帯が止められてしまうと、もはやどうにも手のうちようがありません。家にPCがある方の場合は、パソコンからWeb Mailやスカイプを使えるように、友人、知人の連絡先をパソコンに取り込んでおくくらいでしょうか。

家にパソコンが無い場合は、残念ながら一刻も早く滞納した料金を支払って復旧するまで我慢する他ありません。

電気が止められた時


携帯やスマホの充電器を用意しておいてください。出来れば手回し式の充電器が最高なのですが、それが用意出来ない場合は100円ショップで売っている電池を入れて使うタイプの充電器を準備します。100円ショップの充電器では、あまりパワーがありませんが、その場をしのぐ事が出来ます。

たとえ1人暮らしであっても懐中電灯も用意しておいた方が良いでしょう。夜間に電気がつかないのは相当心ともとないものです。

もしオール電化の住宅にお住まいの場合は、料理が出来なくなってしまいますからカセットコンロもお忘れなく。

ガスが止められた時


ガスが止められた時に困るのが「食事の準備」とお風呂です。食事の準備には小さくても良いのでホットプレートがあると便利です。

お風呂については夏場なら水シャワーで大丈夫ですが、冬場だと困りますよね。身体はお湯やデオドラントシートで拭けば良いのですが、困るのは髪の毛。「水のいらないシャンプー」を1本用意しておくと便利です。

水道が止められた時


水道が止められて困るのは、飲水とトイレの水です。飲水は水を買いに行けば良いのですがねトイレの水は深刻です。お風呂の水は次のお風呂に入るまで抜かない、またはお風呂の水をバケツに汲み置きする習慣をつけてください。

あくまでも一時しのぎですが……


上記の小ワザはあくまでも一時しのぎに過ぎません。滞納した料金を支払って復旧させる事が先決ですが、支払うタイミングによってはすぐに復旧出来るとは限らないので、滞納の可能性のある方はとりあえず、ライフラインが止まっても1日くらいならしのげる準備をしておく事をオススメします。

すでにお気づきになった方もおられるかも知れませんが、実はこの準備は災害時の備えにも通じます。ですから普段から意識して準備してみてはいかがでしょうか?

-貧困女子の実態
-, , , , ,

Copyright© 貧困女子速報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.