公的支援を利用する お金を借りる・用意する

年金を担保にお金を借りよう!年利2%の安心融資

更新日:

貧困女子のみなさん、こんにちは。日々、生きていくだけでも大変なのに、様々な事情から「まとまったお金」が必要になる事ってありますよね。そんな時って、どうしていますか?

何かあった時に頼る事のできる親兄弟がいれば心配ないのですが、そうでない場合は「どこかでお金を借りる」しかありません。一般的にはお金を借りようとする時、なんだかんだ言っても安全なのは銀行だと言われています。その次は信販会社。そして一般の消費者金融。闇金は論外ですよ。

しかし、ある権利を満たすことで公的な機関からお金を借りる事が出来るってご存知でしたか? 今回は「年金を担保にお金を借りる方法」についてご紹介します。

年金を担保にお金を借りる方法


年金を担保にお金を借りるメリット

年金を担保にお金を借りようとする場合、仮入れの名義は年金を受給している人に限ります。国民年金、厚生年金、障害年金、何でもかまいません。貧困女子の場合、老齢年金の類は受給していなかと思うのですが、たとえ少額でも障害者年金を受給していたり、遺族年金を受給している場合はこの方法を利用する事が出来ます。

金利は2%前後と一般的なキャッシングを思えば格安です。また、融資の使い道についても制限ありません。

類似詐欺には要注意!

もしかすると電柱に貼ってある広告などで「年金を担保に即日ご融資!」などというキャッチフレーズを見たことがある方もおられるかと思いますが、こういった業者は100%悪質な業者です。

実は法律で定められています

法的に、公的年金などを担保に預かることが許されている機関は2つしかありません。「独立行政法人福祉医療機構」と「株式会社日本政策金融公庫」です。融資の申込にあたって手数料や斡旋料は必要ありませんし、大々的に広告を出したりもしていません。

年金を担保にお金を貸してくれる機関

独立行政法人福祉医療機構の場合

年金担保融資は年金受給者の本人しか申込が出来ません。
担保は年金証書です。
返済は年金によって行われます。
連帯保証人(審査基準あり)が必要となります。
→連帯保証人がいなくても借りる事の出来るサービスもあります

融資制度のあらまし WAM福祉医療機構
http://hp.wam.go.jp/guide/nenkin/outline/tabid/251/Default.aspx

株式会社日本政策金融公庫の場合

恩給や災害補償年金を受けている人が利用出来ます
年金証書を担保にお金を借りる事が出来ます
貸付金額の上限は250万円。
年利年0.50%
返済金として、恩給や共済年金などを公庫が受け取ります。
連帯保証人が1名以上必要。

恩給・共済年金担保融資 日本政策金融公庫のHP
http://www.jfc.go.jp/n/finance/search/onkyuu.html

借り入れ後の注意

年金担保融資は年金受給者しか利用出来ません。なので、その存在さえ知らない人が多いのですが、障害者年金や遺族年金等「そんな大した金額は貰っていないけれど実は年金貰っています」と言う人なら誰でも使える制度です。

「本来受給者が受け取るはずだった年金を、そのまま返済金に充てる」と言う方式ですから「年金の前借り」をイメージしていただくと良いかと思います。誰でも利用出来る訳ではありませんが、もし少しでも年金を貰っておられるようでしたら、覚えておいて損のない制度た゛と思うので、何かの時に活用して戴きたいと思います。

-公的支援を利用する, お金を借りる・用意する
-, , , ,

Copyright© 貧困女子速報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.