生活保護について

生活保護を受けるために処分しなければならない物について。

更新日:

貧困女子の皆さんは「こんなに生活が苦しいなら、いっそ生活保護を貰った方が楽になるんじゃないかな」と思った事ってありませんか? しかし子どもの頃から「人に迷惑をかけてはいけない」と言われて育った日本人には、生活保護の受給を拒む人が多く、受給資格のある世帯の80%程度は生活保護を申請していない可能性があると言われています。

とは言うものの、今し女性の貧困が社会的に大きな問題になっています。30代の女性が生活保護を受給することなく、餓死してしまったという哀しい事件は記憶に新しいところです。どうしても生活が立ち行くなくなってしまった場合は


生活保護を受給するために必要なこと


生活保護を受給するために「車を持っていたら駄目」とか「財産があったら駄目」と言いった漠然としたイメージを持っておられるかと思いますが、具体的には何を処分しなければならないのでしょうか?

◆ 処分しなければならないもの

自宅や土地→売って生活費にあてます
自動車・バイク→所持は認められていません
ローンのある住宅→売ってローンを清算します
生命保険・損害保険→解約して生活費にあてます
子どもの学資保険→解約して生活費にあてます

生活保護を受ける場合、原則として「お金に変わるものは全てお金に変えて生活費にあてる」と言う方針になっています。

◆ ケース・バイ・ケースの可能性も

自動車の場合、その世帯に病気や障害で身体が不自由な方がいる場合は所持を認められる事があります。ただし「保育所の送迎に必要」であるとか「駅が遠くて田舎なので車が必須」と言うような理由では認められません。

また、珍しいケースではありますが自宅の所有が認められる事もあります。たとえば田舎で地価が安く建物も売れず「家賃を払う方が高くつく」ような場合は、自宅で暮らす事が認められる事があります。「古くて小さい家に1人暮らしのおばあさんが生活保護を受けて暮らしている」なんてケースがこれに当たります。

◆ テレビ・エアコン

昔は「エアコンは認められない」とか「テレビは贅沢品とみなす」なんて話もありましたが、現在では所持を認められています。

◆ パソコンやインターネット環境

これは福祉事務所の裁量にもよるのですが、パソコンやインターネット環境が指摘される事はまずありません。ただし、よほど特殊で最新型のパソコンを持っていて「このパソコンを売ればまとまったお金が入る」と言うような場合は、手放すよう指導されるかも知れません。

◆ ペットについて

生活保護法にペットを飼うことは禁止されていません。よほどお金のかかる大型犬や特殊なペットを飼っている場合は、何らかの指導をされるかも知りませんが、愛玩としての犬や猫が1匹2匹いたとしても大丈夫です。

まとめ


生活保護を申請するとなると「何もかも売り払う必要がある」と思ってしまいがちですが、意外と所有を認められるものもあるようです。原則的に「お金になるものは売って生活費にあてる」と言うことになっていますが、最近ではパソコンや屁『っとも認められています。

もし本当に生活保護の申請を考えている場合は「手放されなければいけないもの」と「手放す必要のないもの」のチェックリストを作って、荷物の整理をしてみてはいかがでしょうか?

-生活保護について
-, , , ,

Copyright© 貧困女子速報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.