債務整理

債務整理の前にやておく事ってなんかある?

更新日:

貧困女子のみなさん、こんにちは。この記事をご覧になっていると言う事は、もしかすると債務整理を健闘しておられるのではないでしょうか? 借金がどうしても返せない状態になってしまった場合、筆者は債務整理をオススメしていますが、債務整理をすると生きていく上で不自由な事が起こります。今回は「債務整理をする前にしておくと助かるかも」という事についてをご説明します。

債務整理をすると色々不自由な事が!


銀行口座が凍結されるかも

債務整理と言っても色々な種類があるのですが、自己破産や個人再生といった「借金を全額チャラに出来る」あるいは「借金の一部をチャラに出来る」タイプの債務整理の場合、弁護士が「債務整理を受け付けました」という受任通知を銀行に通知した時点で、銀行口座が凍結されます。

銀行口座が凍結されると……

銀行口座が凍結されるとお金が引き出せなくなってしまいます。「弁護士費用としてためたいたお金」が引き出せなくなってしまってはお話になりませんよね。銀行口座のお金は引き出して手元におくか、信頼出来る身内等に預けておくことをオススメします。

銀行口座振替,クレジット決済が出来なくなります

借入のある銀行口座で公共料金やクレジットカードの支払いを行っていた場合、銀行口座の凍結後は支払いができなくなってしまいます。ですから、支払い方法の変更手続きを行っておいてください。


債務整理をしても新しく口座を作る事が出来ます

債務整理の準備を開始した後でも、これまでに使った事のない銀行で口座を開設する事は出来ます。ですから、公共料金などの引き落としを新しい口座を作って、設定する事は可能です。


差し押さえの可能性

借入のない銀行講座で、公共料金やクレジットカードの支払いが無い講座も、税金等の滞納がある場合は差し押さえが入る場合があります。この場合「弁護士預り金口座」に入金を行う可能性があると言うことを覚えておいてください。

弁護士預り金口座とは言葉通り「弁護士さんにお金を預ける口座」です。これについては弁護士さんから説明があるかと思います。

また差し押さえについては不動産や自動車、保険なども含まれますから心構えが必要です。差し押さえについては別記事を参考になさってください。

まとめ


なんだか、あれこれ読んでいるだけでもウンザリしたのではないでしょうか? 実は弁護士さんに相談する前にこれらの事をしておく必要はありません。

自己破産なり、個人再生なりの債務整理前にやっておかなければいけない事は、事前に弁護士さんが教えてくれるはずなので特に何も心配しなくていいかと思います。ですが「銀行口座が使えなくなるかも」と「差し押さえがあるかも」という2点については、あらかじめ覚悟しておいた方が良いかと主います。

きっと分からない事だらけで不安かとは思いますが、債務整理をした人って案外たくさんいるんです。「やってやれない事はない」と言う気持ちで1つずつクリアしていってくださいね。

-債務整理
-, , , ,

Copyright© 貧困女子速報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.