債務整理

今さら聞けない借金用語。実のところ「ブラックリスト」って何なの?

更新日:

貧困女子のみなさん、こんにちは。この記事を読んでくださっていると言う事は借金の経験があるか、現在借金を抱えているのではないでしょうか?

よく「借金を滞納するとブラックリストにのるよ」なんて話を聞きますが、実のところブラックリストが何なのか、ちゃんと説明出来ますか? なんとなくのイメージしか持っていない方が多いのではないでしょうか? 今回は「ブラックリスト」についてご説明します。

ブラックリストとは


そもそもブラックリストって何?

筆者もかなり長い間「ブラックリスト」とは借金をメインとした個人情報がガッツリ書き込まれている「お金を貸しちゃいけない人リスト」だと思っていました。しかし実際のところ日本に「ブラックリスト」というものは存在しません。

実は一般的に言われるブラックリストとは「金融事故(滞納)を起こして借金の出来ない人」のことを言います。

じゃあ「ブラックリスト」って都市伝説なの?

「ブラックリストは存在しません」と書いておいて言うのもなんですが「ブラックリスト的な物」は存在します。それは国が委託して運営している指定信用情報機関に記録された個人情報なんです。

信用情報機関に登録される情報は「本人を特定するための情報」「契約内容に関する情報」「返済状況に関する情報」「申込みに関する情報」などが含まれます。金融機関は信用情報機関の情報を確認して「この人にお金を貸していいかどうか」を判断するのです。

ブラックリストに乗る条件



では、ブラックリストはどうしたら乗ってしまうのでしょうか? 下の2つのうち、どちらかに当てはまると「ブラックリストに乗った」という状態です。

・61日以上の延滞。または3回目の支払日を越える延滞
・債務整理(自己破産・個人再生等)

税金や水道料金等の公共料金を滞納してもブラックリストに乗るという噂がありますが、公共料金の滞納でブラックリスト乗る事はありません。ただしクレジットカードでの引き落としを設定している場合は要注意です。

ブラックリストリストはいつ消えるの?



借金情報はCIC、JICC(日本信用情報機構)、KCS(全国銀行個人信用情報センター)と言う3つの機関で保存されます。しかし1度ブラックリストに乗ったからと行って永遠にそのまま……と言う訳ではありません。

CIC               →完済から5年後に消えます
JICC(日本信用情報機構)    →完済から1年後に消えます
KCS(全国銀行個人信用情報センター→完済から10年後に消えます

まとめ

もし借金を滞納してブラックリストに載ってしまったら、新しくクレジットカードが作れません。まともな金融機関からお金を借りることも出来ませんし、家や車を買うためのローン審査にも通らなくなります。

「ブラックリストにのったら人生終了?」

……ではありません。ブラックリストの効力は一生続くものではありませ。ざっくり5年。長くて10年の我慢です。もしブラックリストに乗ってしまったとしても「期間限定の我慢」だと割りきって、前向きに頑張っていただきたいと思います。おまとめローンを組む事は出来ませんから、どうしても借金が返済出来ない事態に陷ってしまった場合は、債務整理を考えてみてはいかがでしょうか?

-債務整理
-, , , ,

Copyright© 貧困女子速報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.