おまとめローン

債務整理の弁護士費用。ぶっちゃけ、どれくらいかかる?

更新日:

貧困女子のみなさんこんにちは。借金がふくれあがって しまって返済が苦しくなってしまった場合、筆者は「おまとめローン」か債務整理をオスメしています。

おまとめローンの場合、借金を1本化して金利を下げる事でどうなか返済していける場合にしか使えませんから「もう、どう考えても返せっこない」と言うところまで行き着いてしまった場合は債務整理をするしかありません。今回はその費用についてご説明します。

債務整理をするにもお金がいります

他人事だと思って簡単に言うけれど……

「借金が返せないなら債務整理をしてください」と他人は簡単に言いますが、ご本人にとっては大変な事かと思います。法律の事なんて全くわからないのに弁護士さんを探さねばならない上に、弁護士さんに支払う費用も必要なのです。

債務整理は平たく言うと「借金をチャラにしてもらう」または「借金を減らしてもらう」のですから、楽に出来るはずはないのです。また、それだけの事をしてもらうのですから、弁護士費用を支払うの当然のこと。とは言うもの、弁護士費用ひって具体的にはどれくらいを考えておいた方が良いのでしょうか?

債務整理の弁護士費用相場

まず債務整理をしてもらう場合「着手金」と呼ばれるお金が必要です。弁護士事務所の中には「着手金ゼロ」と宣伝しているところもありますが、着手金がゼロのところは成功報酬が高い場合がありますからご注意ください。

着手金は1社につき21000円必要です。
そして成功報酬も1社につき21000円必要です。

借金を減額してもらった場合は「減額報酬」が必要になります。
減額報酬 減額した金額の10.5%

過払い請求をした場合は「過払い返還報酬」が発生します。
過払い返還報酬 取り戻した金額の21%

ある1例をシミュレーションしてみます

3社から50万円ずつ150万円借入があり
債務整理により100万円に減額出来たとします
(あくまでも借入金額で金利は考えません)

着手料   21000円×3=63000円
成功報酬  21000円×3=63000円
減額報酬           51500円
合計            171500円

民事法律扶助制度の利用

日本司法支援センター(通称法テラス)では、債務整理を行う場合、司法書士や弁護士費用を用意出来ない人に対して、民事法律扶助制度を儲けています。

弁護士さんにへの最初に相談する時に「債務整理をしたいのですが費用を工面できません。民事法律扶助という制度があると聞いたのですが、利用することは出来ますか?」 と聞いてみてください。

「法テラス経由で依頼した弁護士さんじゃないのに、民事法律扶助を使っていいの?」と思われるかも知れませんが、弁護士は,債務整理や民事事件等の費用面について依頼者へ説明する時、法律扶助制度の存在を教えるよう法律で定められています。ですから、万が一、民事法律扶助制度の利用を渋るような弁護士事務所でしたら、避けた方が賢明です。

また、民事法律扶助制度を利用しなくても、分割での支払いを提案してくれる法律事務所も少なくありません。

総合支援資金を利用する方法も

別記事の『国から超低金利でお金を借りる。「総合支援資金」について。』で詳しく書かせて戴きましたが、債務整理の費用を総合支援資金で賄うと言う方法もあります。

まとめ

ひと言で債務整理をすると言っても意外と多くの費用がかかってしまいます。ですが「借金がチャラになる」と思えば安いものではないでしょうか? どうしても借金を返せない状態に追い込まれてしまった時、ヤミ金に手を出すくらいなら、筆者は断然債務整理をオススメしたいと思います。

-おまとめローン
-, , , , , ,

Copyright© 貧困女子速報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.