おまとめローン

おまとめローンの審査基準。ズバリ教えます!

更新日:

貧困女子のみなさん、こんにちは。貧困女子と言ってもこの記事をご覧になっているのですから「貧困女子」と「借金女子」のコンボでお悩みの方ではないかと思います。

複数の金融機関から借金をしていている場合「おまとめローン」を利用して、金利を押さえて早く返済をしたい……と考えておられる方もいらっしゃるかと思うのですが、おまとめローンにも審査があります。せっかく低金利のおまとめローンを見つけても審査が通らないことにはお話にもなりません。

おまとめローンの審査

一般的におまとめローンは、よくある消費者金融の審査よりも厳しいと言われています。実際、一定の年収を超えていないと申込さえ受付けてもらえないところもあるほどです。

では、どんな部分をチェックされるのでしょうか?

借り入れ件数

おまとめローンの審査では、借入金額の総額よりも「件数」が重視されるようです。借入件数は少ない方が有利です。

たとえば200万円の借り入れがあったとしても、50万円を4社から借りている人よりも、1社から200万借りている人の方が審査には通りやすいようです。借入が3社以内だと融資してもらえるゆうですが、4社、5社になってくると難しいようです。特に5社以上の借入がある方は、望み薄です。

多重申し込み

「多重申し込み」とは、短い期間に複数の業者に申し込んでしまうことです。「どこでもいいから早くおまとめローンを成立させて安心したい」と思う気持ちは分かりますが、ローンの申込情報は信用情報機関で共有されるため、短期間で複数のローン申込実績があると、それだけで「要注意」とみなされるケースがあるようです。

どんなに焦っても同時進行で1ヶ月に3社以上は申し込まないでください。また、信用情報機関への履歴は6ヶ月間有効だとされています。

事故情報(ブラックリスト)の有無

過去にローンの返済でトラブルを起こしていた場合、おまとめローンを申し込んでも難しいかとおもいます。トラブルと認定されているのは「3ヶ月以上の延滞」「不払い(踏み倒し)」「債務整理」などです。

このような情報は5年~10年間有効とされています。

勤続年数

当たり前の話ですが勤続年水は長いほうが有利です。また、職業も関係してくます。公務員や正社員の会社員は有利ですが、自営業、派遣、パート、アルバイトの方は難しいと言われています。

ちなみに、勤続年数の最低ラインは1年間と言われていますから、もし就職して1年未満の場合は1年を過ぎたタイミングで申し込んでみてください。

審査に通りやすい時期があるって本当?

審査の厳しいおまとめローンですが、実は審査に通りやすい時期があるってご存知でしたか?

どんな業界もそうなのですが、年度末の時期は少しでも売上を増やそうとする動きが出てきます。また、転職や引越し、転勤などに伴え引越しが多い時期でもあるため、ローンの需要が増える傾向にあります。

ですから「おまとめローン通過するのは微妙かも」と思っておられる場合は、年度末を狙ってみるのも1つのテクニックです。

おまとめローンにも色々ありますが……

おまとめローンにも色々な種類があります。銀行や信販会社のものもあれば、消費者金融大手のアコム、アイフルなどもおまとめローンがあります。審査のポイントは「銀行」「信販会社」「消費者金融」あまり違いはありませんが、審査の厳しさにはやはり違いがあります。具体的には「銀行>信販>消費者金融」順です。

まとめ

「借金返済が辛い」と言っても、おまとめローンを利用してなんとかなるレベルにいるのなら、積極的に活用して戴きたいと思います。金利が下がることで返済総額が減りますし、返済日がまとまる事で精神的にも随分楽になるかと思います。

もしおまとめローンの審査が通らないレベルで借金が膨らんでしまっている場合は、債務整理も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

-おまとめローン
-, , , , ,

Copyright© 貧困女子速報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.