債務整理

債務整理の相談。こんな弁護士はやめておけ。

更新日:

貧困女子のみなさん、こんにちは。貧困女子と言っても、この記事をご覧になっていると言う事は多重債務に苦しんでいる方なのではないでしょうか?

返済が困難なまでに借金が膨らんでしまった場合、そこから脱出するのは至難の業です。筆者は全力で債務整理をオススメします。「仕事を選ばずとにかく働いて返す」と言う方法もありますが、それでも抜け出せない場合は少しでも早く債務整理を決断して戴きたいと思います。

債務整理に強い弁護士さん


債務整理関係のサイトをチェックしていると「債務整理に強い弁護士さんに相談してください」的な事が書かれているかと思いますが、いったいどんな弁護士さんに相談すれば良いのでしょうか?  具体的な見極め方を書いているサイトは少ないのではないかと思います。

弁護士だって人間なんです


では「どんな弁護士さんに相談すればいいか?」って話ですが、残ねるんながら答えはありません。投げっぱなしで恐縮ですが、ぶっちゃけ債務整理を看板にしている弁護士事務所ならどこでも引き受けてくれるかと思います。

それに人間には相性があります。弁護士さんだって人間なんです。たとえ仕事上の付き合いであったとしても「人と人」の関係ですから相性だってありますから、Aさんが駄目だったと思う弁護士さんでも、Bさんにとっては良い弁護士さんだったりもするのです。

じゃあ駄目な弁護士を考えた方がいいんじゃない?


良い弁護士さんを見極めるのは難しいのですが、実は「駄目な弁護士さん」を見極めるにはポイントがあります。今回は「こんな弁護士はやめておけ」と言うポイントをご紹介します。

◆ いきなり自己破産をすすめてくる

債務整理の相談って、それこそ「藁をもつかむ思い」で出向く人が多いのではないかと思います。ほとんどの方は「どうしたら良いのか分からない」「何から手を付けていいのか分からない」といった状態からのスタートではないでしょうか。

そんな状態で勇気を出して弁護士事務所に相談に行くわけですが、まっとうな弁護士さんの場合、まずは最初に「あなたの置かれた状況」を聞いてくると思います。借金の金額だけでなく、返済状況、収入、資産など、あなたに関わる「お金」の全てを知っておかなければ、最善の方法が提案出来ないからです。

しかし、弁護士の中には借金額を聞いただけで、いきなり自己破産をすすめてくる人がいるようです。「えっ? そんな弁護士がいるの?」と思われるかとは思いますが、借金系の個人ブログなどを拝見してみると、意外にもそんな弁護士が多い事が分かるかと思います。


◆ 弁護士費用の融通がきかない

債務整理をしようとする場合、弁護士費用も心配かと思います。良心的な弁護士さんの場合、債務整理が終わってから分割で支払いが出来るよう手配してくださったり、公的支援の紹介をしてくださったりと「出来る範囲での支払い」を提案してくれるはずです。そもそも借金で困っているのですから、まとまった現金なんてあるはずもありませんしね。

ところが悪質な弁護士の場合「親か親戚から融通してもらってください」と言われる事があるようです。分割払いを申し出ても「うちでは分割は受付けていません」と言われるのだとか。


◆ 弁護士にとって自己破産は割の良い商売

自己破産って弁護士的視点で考えると任意整理や特定調停、民事再生に比べたら、交渉事が少なくて割の良い方法のようです。言葉は汚いですが「楽して儲かる」割の良い商売なのです。

まとめ


多重債務で辛い思いをしていてる人が「債務整理をしよう」と決断したら、とにかく早くなんとかしたいと思うのではないでしょうか? その気持はよく分かりますが弁護士さんは星の数ほどいるのです。ろくに話を聞かず、あなたの状況を知ろうともせずに自己破産をすすめてくる弁護士さんがいたら、その人に頼む必要はありません。

他の弁護士さんにお願いするとなると、また探して面談して……と面倒な手順があるので「もう、この人でいいか」と主つてしまうかも知れませんが「やめる勇気」も大切です。あなたにとって、何が1番良い方法なのかを一緒に考えてくださる弁護士さんを探してください。

弁護士さんにお願いするにもお金が必要です。大切なお金を無駄金にしないためにも、よく考えて決断してくださいね。

-債務整理
-, , , , , ,

Copyright© 貧困女子速報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.