生活保護について

「借金があると生活保護が受けられない」と言う都市伝説。

更新日:

貧困女子のみなさん、こんにちは。一生懸命働いているのに全く生活が楽にならない時って「こんなに苦しい生活をするなら生活保護をもらった方が楽なんじゃないの?」なんて事を思った経験ってありませんか?

自分がその立場になるまでは「貧困なんて私には関係ない」と思っておられた方が多いかと思うのですが、病気や失業、商売の失敗。あるいは自分は頑張っいるのにパートナーが借金を作ってしまった……等、様々な理由から人は貧困に陥ります。

ですが「借金があると生活保護は受けられないよ」と言う噂を信じて、借金に苦しんでいるのに生活保護の申請をしない方は少なくないようです。

「借金があると生活保護が受けられない」と言う噂

これはある意味本当で、ある意味嘘です。そもそも生活保護とは何かの事情で生活が困っている人に対して国がお金の支給を行う制度です。日本人は全員「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」を持っていると憲法で定められていて、生活保護の費用は「健康で文化的な最低限度の生活を営む」ために使われます。

生活保護の費用=生きていくための費用

生活保護の費用は生きていくための費用ですから、生活保護の費用は人が生きていくために使われる費用なのです。衣食住を満たすための費用なので、借金の清算に当てることは出来ません。ちょっと考えてみれば分かることですが、借金の清算まで生活保護でまかなえるようになってしまったら、働く人がいなくなっちゃいますよね?

もともと生活保護は憲法で定められている通り「最低限度の生活を営む」ための費用しか設定されていないのです。

役所に行っても門前払い……

生活保護を申請しようと役所の窓口に出向いても「働いている人は生活保護はもらえない」とか「借金があるなら生活保護申請はできない」などと言って、門前払いを受けるケースがあるようです。これは「生活保護の水際作戦」と呼ばれるもので、最近では社会問題になっています。

生活保護の申請は拒否できません

実は生活保護の申請って本来は拒否してはいけないものなんです。もちろん申請したからといって必ず貰えるものではありませんが「申請は受理しなければならない」と法律で決められています。

債務整理をベースに弁護士さんに相談を!

「借金でどうしようもない」「明日食べる物も無い」というところまで追い詰められている場合は、債務整理を視野に入れた上で弁護士さんに相談してください。法テラスなどの無料相談もありますし、債務整理や生活保護の申請に強い弁護士さんだと、債務整理と生活保護の申請をセットにして面倒をみてくださいます。

そうは言うけど弁護士費用が出せないだけど……

弁護士さんはボランティアではありませんから、債務整理と生活保護の申請をお願いするとなると「無料で」と言う訳にはいきません。ですが生活保護の決定した後、分割での支払いを提案してくれる弁護士さんは少なくありません。

まとめ

1度貧困に陷ってしまうと、そこから抜け出すためには相当な努力がひつようです。そして、今まで弁護士さんに相談した事のない場合、弁護士事務所をたずねるのはハードルが高い事かと思います。しかし「借金があるから生活保護の申請が出来ない」と諦めてしまうのはもったいない事です。借金がある場合は弁護士さんにお願いして債務整理をした上で生活保護の申請をしてみてはいかがでしょうか?

-生活保護について
-, , , , ,

Copyright© 貧困女子速報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.