お金を借りる・用意する

質屋と消費者金融ぶっちゃけ、どっちが便利でお得?

更新日:

貧困女子のみなさんは「質屋でお金を貸してくれる」ってご存知でしたか? 若い世代の方だと「そもそも質屋って何?」っと首をひねる方もおられるかと思います。質屋と自分の持っている物を担保にお金を貸してくれるお店です。

昔の映画やドラマには大事に質草を抱えた人が周囲をキョロキョロ見渡しながら質屋の暖簾をくぐる……なんて場面がありましたが、現在ではほとんどの質屋が廃業しています。

質屋って実はまだまだ現役なんです!

しかし、現在も営業している質屋もあるんです。個人経営の点ホムだけでなく、全国展開している大手の質屋も存在します。『大黒屋』『オフプライスショップ』『高山質店』などが有名です。

ですが消費者金融ではなく「あえて質屋」を利用するメリットってあるのでしょうか? 質屋と消費者金融のメリットとデメリットを紹介します。

そもそも『質屋』って何なの?

質屋は何か自分が持っている物を「質」担保としてお店に預けることで、それに見合ったお金を借りる事が出来るお店のことです。借りたお金には消費者金融と同じく利息がかかりますが、利息と借りたお金を返済すれば「質」として預けた物は戻ってきます。

また、設定された期間に返済出来なければ「質」として預けた物は、借りたお金の返済に充てられてしまいます。これを質流れと言います。質流れすると借金も利息もゼロとなり返済の必要はありません。

質屋と消費者金融3つの大きな違い

その1
質屋と消費者金融の大きな違いは「担保があるかどうか」です。質屋の場合、担保が無ければお金を貸してくれません。また担保に見合った金額しか貸してくれません。

その2
「取立があるかどうか」も大きな違いです。消費者金融の場合、返済を滞納すると督促や取立がありますが、質屋の場合は返済が遅れたり返済できなくなっても督促や取立はありません。その分「質」として預けた物が売却されてしまいます。

その3
一般的に消費者金融を利用すると「信用情報機関」という機関に記録が残ります。よく「ブラックリストに乗った」などと言う事を言いますよね。ですが質屋の場合は信用情報機関に記録が残りません。

消費者金融と質屋。金利の違い

消費者金融の場合、金利は4.5%~18%と言われています。ですが質屋の場合は大手の質屋で月利3~8%のところが多いようです。しかしこの金利は「月利」ですから、年利にすると36%~96%となるので、金利の面だけで考えると消費者金融の方がお得と言うことになります。

質屋メリットとデメリット

メリット
お金を借りた履歴が残らない
質流れになれば借金は無くなり、督促や取立が無い

デメリット
消費者金融に比べて上限利が5倍以上高い

まとめ

質屋の弱点は金利が高いことです。ですが「質流れしてもいいいや」と思えるなら、返済出来なくなっても預けていた物が戻らなくなるだけで、借金の督促や取立の心配が無いのは魅力的です。

もし返済のアテがなくて、質屋に預けるだけの物を持っているのなら賢く利用してみてもいいかも知れません。ただ品物によっては、品物をオークション等で自力で物を売った方がお得になる場合もあるので下調べしてから利用してくださいね。

-お金を借りる・用意する
-, , , ,

Copyright© 貧困女子速報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.