公的支援を利用する お金を借りる・用意する

10万円以内なら無利子借りられるかも?緊急小口資金貸付って知ってる?

更新日:

貧困女子のみなさん、こんにちは。突然ですが、貯蓄なんて無いのに急な出費でお金が必要になってしまった場合、どうしますか?

人生には様々なトラブルが起こります。病気や怪我、泥棒やスリにあってお金を盗まれてしまった……等「そんな事ないやろ~」な事って、意外と起こってしまうものです。不意のトラブルでお金が必要になった時、泣きついていける親兄弟がいる人は良いのですが、そんな相手がいない場合、消費者金融に手を出してしまう人が多いのではないでしょうか?

今回は、どうしてもお金が必要になった時に国がお金を貸してくれる制度をご紹介したいと思います。

緊急小口資金貸付ってどんな制度なの?

そんな不意のトラブルの時にオススメしたいのが「緊急小口資金貸付」と言う制度です。これは一時的に生計の維持が困難となった場合(医療費などの支払い、給与の盗難や紛失、火災などの被災、年金・初回給与等の支給待ちなど)に、国が無利子でお金を貸してくれる制度なのです。

貸付金額の上限は10万円
無利子で連帯保証人も必要ありません
据置期間は2ヶ月。返済期間は8ヶ月てす。
申込から交付までは4~5日必要です。

利用できる人

緊急小口資金貸付は「誰でも」利用出来る訳ではありません。「本当に困っている人を助ける制度」ですから、所得が高い人は借りる事が出来ないのです。では、具体的な条件をごご説明します。

1 低所得世帯

これまで生計を維持してきた世帯であること
世帯収入が一定以下であること

1人の場合 → 月収17万7000円
2人の場合 → 月収26万1000円
3人の場合 → 月収31万9000円
4人の場合 → 月収37万6000円

2 緊急かつ一時的に生計維持が困難な状況であること

急いで資金を必要としていること
一時的な生活困難で、10万円を利用することで今後は生活出来ること

3 返済(償還)の見通しが立つこと

資金交付日の翌月から3ヶ月目より開始となる返済(償還)が可能な見通しが立つこと

利用出来ない世帯

母子世帯、寡婦世帯(母子寡婦福祉資金貸付制度を優先)
生活保護世帯
現在の居住地に住民登録のない方(住宅手当の申請をしている場合を除く)
債務の返済に充てるために資金を借りようとする方
収入がないか又は少ないために恒常的に生活全般に困窮している世帯
民生委員及び市社会福祉協議会の指導援助を拒否される方
自立及び償還の見込がないと認められる世帯等

こんな理由なら利用する事が可能です

・医療費または介護費を支払ったことなどにより臨時の生活費が必要なとき
・給与などの盗難または紛失によって生活費が必要なとき(貸付限度額5万円)
・火災等の被災によって生活費が必要なとき
・年金、保険、公的給付等の支給開始までに必要な生活費
・会社からの解雇、休業等による収入減
・滞納していた税金、国民健康保険料、年金保険料、公共料金を支払ったことによる支出増
・事故等により損害を受けた場合による支出増
・社会福祉施設等からの退出に伴う賃貸住宅の入居に伴う敷金、礼金等の支払いによる支出増
・初回給与支給までの生活費が必要なとき

条件が微妙と言えば微妙ですが……

緊急小口資金貸付は誰でも借りる事が出来る訳ではありませんし、また申込からお金が振り込まれるまで4日~5日必要ですが「無利子」というのは魅力的です。キャッシングの場合、即日お金を手に入れる事が出来ますが、当然ながらそれなりに利息も高くなります。

もし「どうしても今日中にお金が必要」と言う訳ではなく、2日~3日の猶予がある場合は利用してみてはいかがでしょうか? 申込は社会福祉協議会が窓口になっています。

全国社会福祉協議会(各都道府県の連絡先が記載されています)
http://www.shakyo.or.jp/links/kenshakyo.html#top

まとめ

緊急小口資金貸付の場合「すぐにお金が振り込まれる」と言う訳ではないので、緊急性が高い場合は間に合わないかも知れませんが、それでも「無利子」と言うのは魅力です。条件が合うのであれば、検討してみてはいかがでしょうか?

-公的支援を利用する, お金を借りる・用意する
-, , ,

Copyright© 貧困女子速報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.