債務整理

債務整理をしたい。でも弁護士さんって、どうやって探すの?

更新日:

貧困女子の中には借金が原因で苦しい生活をしている方もおられるかと思います。多重債務等でどうしても借金が返済出来ない場合は弁護士さんに相談する事を猛プッシュしたいのですが、今まで生きてきて「弁護士」とか「裁判」とか言う世界と無縁だった方にとって「弁護士事務所に足を向ける」と言う事自体ハードルが高いのではないかと思います。

「そもそも、どうやって探したらいいのかわからない」「どんな弁護士さんに頼めばいいのか分からない」等、分からない事だらけではないでしょうか?

ここでは今回はそんな方のために債務整理をするための弁護士さんの探し方についてご説明します。

弁護士さんの探し方

弁護士・司法書士にも得手・不得手があります

債務整理は弁護士、司法書士、行政書士が取り扱っています。行政書士が行うケースは珍しいので、今回はあえて説明から省きます。

弁護士も司法書士も債務整理の手続きをする事が出来るのですが、筆者は弁護士に頼むことをオススメしています。というのも弁護士は本人の代理人として法律的な手続きを進める事が出来ます。裁判の場合も弁護士が本人の代理人として回答したことは、本人が言ったことと同じものとして扱われます。

しかし、司法書士の場合、法律文書の作成や、裁判所に提出する文書の作成を代行することはできますが、地方裁判の席では代理人になることはできません。

弁護士はなんでも出来る?

「弁護士さんに依頼する事をオススメします!」と書きましたが、弁護士の場合、全ての業務を代行できる分だけ報酬が高いというデメリットがあります。

もし、自ら裁判に出向いて頑張る事が出来るなら、司法書士に頼んで費用を安くすませる方法もありますが、その場合はご自身も法律の知識が必要ですし、平日に仕事を休んで手続きをする必要があります。

ですから人によっては司法書士に頼む方が良い場合もありますが「何から手を付けていいかも分からない」と言う人こそ、費用がかかっても結果的には弁護士に依頼した方がスムーズにいくかと思います。

どうせなら債務整理が得意な人を!

さて。弁護士と言っても得手不得手があります。テレビドラマででくるような刑事事件を得意とする弁護士もいれば、離婚裁判を得意とする弁護士もいます。ですから債務整理を依頼する場合は債務整理が得意な弁護士……つまり、債務整理を専門として扱っている弁護士事務所を訪ねる事をオススメします。

法テラスという駆け込み寺的な場所

法テラスは国が設立した団体で無料で法律相談を行っています。相談はメールでも電話でもOK! 紹介してもらった弁護士さんが「自分には合わない」と感じた場合、3回までなら無料で違う弁護士さんに相談する事が出来ます。

実際に依頼する時は費用が必要ですが弁護士費用を立て替えてもらう法律扶助制度も用意されているので安心です。

日本司法支援センター 法テラス
http://www.houterasu.or.jp/index.html

なんだかんだで弁護士会

「とにかく相談してみたい」と言う場合は弁護士会の無料法律相談を活用してみてください。また、地方自治体で開催している無料の法律相談を利用する方法もあります。日程等は市町村のHPや広報に掲載されています。

弁護士会の法律相談センター検索ページ
http://www.nichibenren.or.jp/contact/consultation/legal_consultation.html

法学部のある大学も以外と使えます

法学部のある大学でも無料相談会をしている時があります。この場合、学生さんが後ろで話を聞いているというデメリットがあるものの、無料相談の中ではかなり丁寧に受付けてくれます。もちろん、無料相談の後で正式に依頼することも可能です。

無料相談を利用する時は

無料相談はの場合、事前申込制の時に「どんな相談ですか?」と聞かれたら「債務整理の相談がしたい」と伝えてください。そうすると債務整理に強い弁護士さんを紹介してもらえる可能性がグッと上がります。

また時間制限があるので、相談したい内容を整理して、必要な書類等があれば準備しておくことをオススメします。

まとめ

「債務に整理に強い弁護士さんを探す」と簡単に言っても、探すだけでも大変ですよね。ですが、じっとしていたところで借金問題は解決しません。苦しい借金生活から抜け出すために、勇気を持って一歩踏み出してみてはいかがでしょうか?

-債務整理
-, , , ,

Copyright© 貧困女子速報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.