公的支援を利用する

生活困窮者自立支援制度って知ってますか?

更新日:

貧困で苦しい生活をしている貧困女子のみなさんは「それでも他人には頼らないで頑張る」と思っているかも知れませんが2015年4月、生活困窮者自立支援制度がスタートしました。

生活困窮者自立支援制度って、どんな制度かご存知ですか? これは文字通り「生活に困っている人を支援する」制度です。生活に困っている人な対する国かの支援ですから、費用は一切かかりません。

具体的にどんな支援が受けられるの?

生活困窮者自立支援制度

自立相談支援事業
専門の支援員があなただけの支援プランを作ってくれます。地域の相談窓口

に行けば、貧困から脱出するための様々な方法を教えてくれます。

住居確保給付金の支給
期間等の制限がありますが家賃相当額が支給されます。また「退職により社宅を出なければならない」と言った相談にも乗ってくれるようです。

就労準備支援事業
働きたいと言う意欲はあるけれど、様々な理由から働けない方のために、半年から1年間の間プログラムを組んで就労に向けた支援をしてくれます。

家計相談支援事業
あなたの家計の立て直しをアドバイスしてくれます。また、状況に応じた支援計画を作ってくれたり、相談に乗ってくれたりもします。

就労訓練事業
様々な理由から、すぐにフルタイムの勤務が出来ない人のために、その人にあった仕事を支援してくれます。就労訓練もあります。

生活困窮世帯の子どもの学習支援
貧困家庭の子どもは、そうでない家庭の子どもよりも学力が低いケースが多いとされています。貧困のループを断ち切るために学習支援等のサポートを受けることが出来ます。

一時生活支援事業
住む場所が場合、衣食住の支援を受ける事が出来ます。

支援を受けるにはどうしたらいいの?

生活困窮者自立支援制度は厚生労働省の事業です。しかしその窓口は各地方自治体に設置されています。ですから、お住まいの地域の役所に出向くか電話をして「生活困窮者自立支援制度を利用したいのですが……」と直接聞いてみてください。

このページをプリントアウトしてくださってもOKですし、スマホ等の画面を役所の職員さんに直接見せて戴いてもOKです。

まとめ

役所に出向いて生活困窮者の支援を求めるのは恥ずかしいと思われる方も多いかと思います。「他人に頼るなんて耐えられない」と言う気持ちは筆者にもよく分かります。

ですが、ちょっと考えてみてください。国が「生活困窮者支援制度」を作ったのは日本中に生活困窮者があふれているからに他なりません。支援を求めず、これから先もずっと貧困状態のまま生きていくよりも、未来のために支援を利用した方が良いのではないでしょうか?

是非、勇気を持って一歩踏み出して戴きたいと思います。

-公的支援を利用する
-, ,

Copyright© 貧困女子速報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.