貧困女子の実態

ところで貧困女子が増えている理由って何なの?

更新日:

「貧困女子」と言っても貧困にハマってしまった理由は人それぞれです。世間では貧困女性に対して「貧乏になる人間は頭が悪い」「しょせん負け組」「自業自得」と思っている人も少なくありませんが結論から言うと、誰でも貧困にハマってしまう可能性はあるのです。今回は貧困にハマってしまう理由についてをお届けします。

貧困女性。いくつかのパターン


貧困にハマってしまういくつかの理由をご紹介します。中には複数の理由が当てはまってしまう人がおられるかも知れません。

節約が苦手


残念ながら一定数の人はこのパターンにあてはまります。「家事が苦手で自炊が出来ない」「欲しい物を我慢出来ない」と言った、いささか自業自得めいた理由で出費がかさみ、経済的に苦しんでいる人も多いかと思います。

ですが、これは「自業自得」と切り捨てる事が出来ない側面もあります。と言うのも、節約が苦手な人は発達障害の可能性があるのです。発達障害の場合、自分ではちゃんとしたいと思っているのに片付けやお金の管理が極端に苦手だったりします。

家族の支援が受けられない


「実家も生活が苦しいから援助が頼めない」「家族と折り合いが悪くて収入は少ないけれど一緒には暮らせない」等、家庭の事情で家族に助けてもらえない女性は少なくありません。「独身だったら親に泣きついてなんとかしてもらえばいいんじゃないの?」と言われても頼れない人もいるのです。

筆者自身も毒親育ちで親をあてにせずに生きてきたので「親になんか頼れない」と言う気持ちはよく分かります。

奨学金・借金の返済


収入はそこそこあっても、支出が多ければ生活は楽になりません。特に奨学金を返済している人は社会人になった時点でマイナスからのスタートですから、生活が苦しいのは当たり前です。今の大学生の半数は奨学金を利用して大学に通っています。ですら奨学金が理由の貧困はまだまだ増えていく事が予想されます。

また奨学金以外にも、資格取得のためのローン等の借金を抱えている人も少なくないかと思います。

非正規雇用での仕事


またまた派遣法が改正されそうですが、日本では非正規雇用で働く人の数が激増しています。非正規雇用の場合、一見すると手取りが多いように勘違いしてしまいますが、各種保障がついていなかったり、そもそも継続雇用されなかったりとリスクが大きく「気がつけば失業者になっていた」なんて事はめずらしくありません。

まとめ


貧困にハマってしまったからと言って「駄目人間」と言う訳ではありません。誰にでもその可能性があることですし、社会情勢も悪過ぎます。「こんな風になったのは自分が悪い」と責めることなく、貧困から脱出する方法を模索して戴きたいと思います。

-貧困女子の実態
-, ,

Copyright© 貧困女子速報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.